最近のトラックバック

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年11月

伊達絵巻

仙台銘菓「伊達絵巻」

誰が持ってきたか知らないが、机の上に置いてあった(笑)

Photo_61 カステーラのような生地の中にアンが入っているお菓子。バームクーヘンのように生地が重なっていて、まさに絵巻物。

さらに、表紙の政宗公の絵もいかす。味も生地とアンがほどよくマッチしておいしい。

「萩の月」ほど知名度も高くないから、珍しく、話題も盛上ること間違いなし。

一般的に見ると、やっぱ仙台=政宗公というイメージが強いですからね。

お好み度 ★★★(仕事場の上司とかには最適。親しい仲間内では平凡か)

ずんだシェーキ

Photo_6

仙台といえばずんだ餅

「ずんだ」の語源に関しては諸説あるようだが、要するに枝豆をつぶしたもの。

そして、仙台を訪れたとき、青葉城で飲んだのがずんだシェーキ。こればっかりはマクドナルドでも飲めない、いわばご当地シェーキ。

ずんだがおいしいのは当たり前だが、それに加えて粒が口のなかで非常に感触がいい。

青葉城で政宗公の銅像を見に行かれたときには是非飲んで欲しい。お薦めです。

お好み度 ★★★★(冬でも飲んでみる価値あり。何故か盛岡駅でも売ってました)

ふくせんべい

下関といえば河豚。一般的には「ふぐ」と発音するが、下関では縁起をかついで「ふく」というらしい。

そんな、下関ならではお土産。それが「ふくせんべい

Photo_60 結論から言うと、おいしい。というかビールのつまみによくあう。ピリ辛で、ほんのりと柑橘系の味もするところにこだわりを感じる。

ちゃんと「ふく」になってるし、メジャーな名物だし、ビール好きの方に差し上げれば、かなり喜ばれるだろう。話題も盛上ること間違いなし。

お好み度★★★(おいしくて、話題性もあり。しかし、甘党の方にはどうかと・・・)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ