最近のトラックバック

筑波山

小四郎せんせーい!!

Dsc00652_1  藤田小四郎。藤田幽谷の孫であり、藤田東湖の4男。水戸藩の重鎮・藤田東湖でえ、小四郎の行動力に期待していたという・・・。

元治元年、いわゆる天狗党と呼ばれる人々が常陸国府中(現茨城県石岡市)に滞在の後、筑波山に上がり、攘夷を決行すべく旗揚げした。いわゆる天狗党の乱。最後は鰊(にしん)蔵に押し込められ、寒さと悪臭のなか悲劇の死を遂げたの有名な話であるが、天狗党というと薩摩・長州はいうに及ばず、天誅組や土佐勤王党なんかと比べてもマイナーであるのは藩内の内輪もめに終始してしまったためか。しかしながら、水戸藩自体はどの藩にも先駆けて「尊王攘夷」という思想にいきついた雄藩である。

実はこの天狗党の乱。最近読んだ本によると大きく3期に分けられるらしい。

1期は田丸稲之衛門、藤田小四郎、竹内百太郎等が筑波山にて挙兵した時期。2期は水戸藩内の騒乱を鎮めるべく、幕府より宍戸藩主・松平頼徳が江戸から使わされてくる時期(大発勢)。江戸にいた武田耕雲斎はこのとき初めて藤田小四郎たちに加わる。3期は追い詰められた武田耕雲斎らが一橋慶喜に助けを求めるべく西行する時期。

一般的に天狗党の乱というと武田耕雲斎が率いた叛乱というイメージがあるが実は最後の最後だけで、むしろそうなることは彼の本意ではなかったらしい・・・

幕末という激動の時代に、日本の行く末を思い、不本意ながらも散っていった茨城の志士たち・・・そんな志士たちを少しでも応援できたらなあと思ったりなんかする。

ちなみに写真は筑波山神社にある藤田小四郎の銅像。

というわけで立ち上げてみた「天狗党」カテゴリー。どこまで続くか?「幕末の茨城」とかも作ってみようかね?

しかし、分かりずらいんだよなー・・・天狗党・・・ごちゃごちゃで・・・正直、短文でまとめる自信がない・・・

Dsc00651_2

「茨城のご当地マンホール」立ち上げ!!

Photo_38 先日、玉里村におじゃましたときに撮影したもの。

手前には村の鳥である「シラサギ」、両サイドには村の花である「コスモス」に村の木である「柿」。そして、いちばん奥にはご存知、「筑波山」。手前にサギを大きく描き、奥に小さく筑波山を描く、遠近法を使ったデザイン。

玉里村の地理を考えるとこの筑波山はいわゆる「高浜の入り」からみたものであろう。よくコメントをいただくコダマ氏によると「ここからみた筑波山が本物の筑波山」なんだそうである。確かに高浜駅方面からみる筑波山は美しいですね。

にしても、シラサギっていうサギはいないんですね。ダイサギ、チュウサギ、コサギって・・・安易な・・・

寝る間を惜しんでの更新・・・

ペットを通じてお友達になったFORTUNE様からのトラックバック記念?

Photo_32 先日、ご紹介した旧八郷町のマンホール・・・原本とでもいうべきものが、たまたま行った旧八郷町役場の1階にありました。

中央には2つ耳の筑波山に町の花であったゆり。そして、前回わからなかった葉っぱはシイだっんですね。

カラーだと綺麗だな・・・

しかし、ご当地マンホール企画は狙ってたんだけどなー、やっぱり、先越されてた・・・

笛吹市と茨城の意外な関係・・・

Photo_30 山梨県笛吹市。茨狼が先日、温泉につかりにシンポジウムに参加するために訪れた町だ。

実はこの町、先日の石岡市の広報によると旧八郷町と意外な関係があるらしい。

茨城県指定文化財「経筒」。旧八郷町で出土したものだ。

経筒とはお経を地面に埋めて保存するために入れる容器のこと。そもそも、平将門の乱なんかで世の中が混乱しているときに仏さまのありがたい教えが滅びないようにと始められたものらしい。

旧八郷町で発見されたそれには大永3年(1523)に甲州高家(これが現在の笛吹市)に住んでいた僧である道善がこれを埋めた旨が書かれているそうな。

よくもまあ、こんなところから茨城くんだりまで来たもんだ・・・

筑波山なんかは修験道の修行の場にもなるし、古くから霊山とされてきた。富士山の存在する甲斐国からわざわざ経筒埋めに来るなんて・・・

やっぱり富士山に対抗できるのは筑波山においてほかにあるまい!!

まあ、もっとも日本中を遍歴してた僧があっちこっちに埋めたものの1つなんだろうけどね・・・にしても、たまたま訪れたところが笛吹市とは。また一ネタ拾えました。

なんだか忙しくなってきた・・・

Photo_25 というわけでとりあえず筑波山。

旧八郷町はマンホールも筑波山なんやね。

しかし、この筑波山はいわゆる2つ耳。

どこからみた筑波山なんかね?

旧八郷町はほとんど1つ耳にしか見えないらしいけど・・・そういやつくばスカイラインからみた筑波山は2つ耳だったな・・・まあぎりぎり旧八郷町ってとこだったけど、大丈夫かいな?

筑波山、番外編

Photo_23   昨日、どら猫から「ネタ切れか?」と突っこまれた挙句、文章の書き方まで指導を受けた茨狼です・・・。しかも、「また筑波山か?」とまで書き込まれました・・・。

どら猫よ、ネタぐらい自分で決めるよ・・・そしてすまんが文章もそこまでがんばれそうにない・・・

しかもしつこく筑波山ネタ・・・

でも別にむきになっているわけではありません。まあ、思いつくままです。

そんなわけで筑波山にかんする伝説。

昔、巨人がいました。巨人は富士山と筑波山がどっちが重いか計ってみようとしました。しかし、巨人は誤って筑波山を落としてしまいました。それで筑波山はパックリと割れてしまい、今のような形になったとさ。

うーん・・・

まあ、昔のことだからね、重さ計るならやっぱり天秤使ったんだろうね・・・間違えても、

難しい計算で体積だしたりはせんだろうね・・・

その結果、明らかに大きい富士山は落とさずに・・・

明らかに小さい筑波山は落とされた挙句にまっぷたつにされたわけだ・・・

比較の対象になっている時点で喜ばしいことかもしれないんだけど・・・

富士山との間に越えられない壁を感じる!!

まあ、綺麗だからいいか・・・?写真は去年の年末に新幹線から撮ったものです。

紫峰

Photo_19 旧八郷町瓦塚遺跡からみた筑波山。

常陸国にそびえたつその威容から別名・紫峰とも言われています。

うーん、紫だ。

「山なんちゃ、そんなもんだっぺよー」なんて言ってはいけませんよ・・・

久々の筑波山2

Photo_18 今朝の筑波山。

昨日は雨が降ってたせいか、筑波山頂には雪らしきものも見えました。

久々に筑波山が見えた

久々に筑波山が見えた

旧八郷町柿岡から。山頂に雲がかぶってます。

今日の筑波山

今日の筑波山

今日の筑波山は霞がかってました。明日は雨?旧八郷町柿岡より

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ